融資・資金繰り

社長初心者必見!銀行融資の3つの誤解【あなたの会社は大丈夫?】

社長初心者必見!銀行融資の3つの誤解【あなたの会社は大丈夫?】のアイキャッチ画像

2019.12.04

銀行融資を受けるべきか悩んでいる社長
「会社を経営しているが、銀行から融資は受けていない。できれば、このまま無借金でいたい…。でも、本当にそれで良いのか…?銀行から融資を受けるべきかどうか、そのための正しい考え方を教えてください。」

こういったお悩みに答えます。

本記事のゴール
3分程で読み終わります。読み終えた後には、なぜ銀行融資が必要なのかがわかり、「資金繰りに困らない経営」の第一歩を踏み出せるようになります。

こんにちは。近藤税理士事務所の近藤です。

私は、税理士事務所・一般事業会社・企業再生コンサルティング会社勤務を経て独立した少し変わった経歴を持つ税理士です。

税理士業界から一度離れ、倒産危機に陥る会社をたくさん見るなかで「会社の数字」の重要性を再認識することができました。

その貴重な経験のなかで感じたことをブログに綴って情報発信しています。

悩んでいるなら銀行融資は受けるべき

プレゼンする男性の画像

あなたが無借金経営にこだわりを持っていて、これから先に資金繰りに困る状況になったとしても「絶対に銀行から融資を受けない」、「融資を受けるくらいなら会社をたたむ!」という覚悟でいるのなら、それもアリだと思います。

これ以上、この記事を読み進める必要はありません。

一方で、もし将来的に資金繰りに困ることがあったら「銀行から融資を受けるかもしれない…」と少しでも考えているなら、あなたの会社がお金に困っていない「いまのうち」に銀行から融資を受けておくべきです。

あなたの会社が銀行から融資を受けたことがないのであれば、これはとても大切な考え方です。

それでは詳しく見ていきましょう。

初心者にありがちな銀行融資の3つの誤解

間違いに気付いた瞬間の女性の画像

とにかくリスクを取ることに「及び腰」になる日本人…。銀行から融資を受けることについて、誤った考え方・悪いイメージをもっている人が多いように思います。

会社を健全に成長させていくうえで、必要なお金のすべてを自己資金で賄えるのであれば、それに越したことはありません。

でも、現実には余程の「お金持ち」でない限り、銀行から融資を受けて資金を調達する必要があります。

初心者にありがちな銀行融資の誤解は、下記の通りです。

  • 誤解①:「借金 = 悪」という思い込み
  • 誤解②:利息がもったいない
  • 誤解③:お金に困ったときに借りる

誤解①:「借金 = 悪」という思い込み

銀行融資を受けるべきか悩んでいる人は、お金を借りることに強い抵抗感を持っています。

それは、「プライベートの借金」と「ビジネスの借金」をゴチャ混ぜにして考えていることが原因のように思います。

プライベートの借金は、できるだけ無いほうが良いでしょう。なぜなら…

お金を生まない」から。

思いつくものを挙げると、自動車ローンや住宅ローン、消費者ローンやカードキャッシング、クレジットカードでの買い物、友人からの借金など…

お金を生まない借金が増えていくと生活がだんだんと厳しくなっていきます。だから、プライベートの借金に抵抗感を持つというのは「正常」な感情です。

一方で、ビジネスの借金はどうでしょう。

ビジネスの借金は、お金を稼ぐために必要です。そして、会社を健全に成長させるために、銀行と上手に付き合っていく必要があります。そう、プライベートの借金とは、考え方や意味が全く違うのです。

そこをゴチャ混ぜにしてビジネスの借金も「悪」と考えるのは間違いです。

決して、ビジネスの借金は「悪」ではありません。

誤解②:利息がもったいない

当たり前ですが、銀行からお金を借りれば「利息」が発生します。

利息を払うのはもったいない…。だから借金はしたくない!

その気持ち、わからなくはありませんが、本当にそれで良いのでしょうか…?

あなたの会社では、社長の生命保険や工場の損害保険、営業車の自動車保険などに入っているかと思います。やはり、もしものときのために「備え」が必要と感じているからでしょう。

一方で、資金ショートによる倒産リスクへの「備え」はされているでしょうか?

お金が無くなれば会社は倒産です。その倒産に備えるための保険が「銀行融資」であり、その保険料が「利息」なのです。

例えば、銀行から1,000万円を金利2%で借りたとすると、利息は年20万円です。1ヶ月当たり16,666円、1日当たり500円程度の利息です。

この程度の利息で「もしものときの安心」を買えるなら…安い保険料だと私は思います。

あなたはどう思いますか?

誤解③:お金に困ったときに借りる

銀行はお金を貸すのが仕事だから、お金に困ったときに借りれば良い。

と考えているとしたら…それは大きな間違いです。

銀行は、慈善事業をしているわけではありません。だから、お金に困っている会社には融資しない・できないのです。だって、貸したお金が返ってくる可能性が低いから。

もし、あなたが、本気で「お金に困ったら、銀行からお金を借りるつもり」と考えているなら、早急にその考え方を改めないといけません。

銀行が融資するのは「貸したお金をきちんと返してくれる会社」、つまり、「手元資金に余裕があって返済実績のある会社」なのです。

銀行は、晴れた日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる…

よく聞く言葉ですが、銀行もビジネスをしているということです。その本質に気付くことができれば、「お金に困ってから銀行に行っても遅い」という意味が理解できるかと思います。

お金を借りるタイミングを見逃さないようにしてください。

銀行融資を受けるべき3つの理由

電卓を片手に説明する女性の画像

銀行融資を受けるべき理由は、3つあります。

  • 理由①:資金繰りの悩みから解放されるため
  • 理由②:ビジネスチャンスを逃さないため
  • 理由③:倒産リスクを減らすため

理由①:資金繰りの悩みから解放されるため

あなたの会社に手元資金の余裕がないなら…銀行から借りてでも手元資金を増やしましょう

手元資金に余裕が無ければ、あなたから精神的な余裕も奪っていきます。やがて、資金繰りに奔走するようになり、そうなれば経営どころではありません。

ここまでくれば「末期症状」ですが…。資金繰りの悩みは、あなたから着実に自由を奪っていきます。そうならないためにも、銀行融資を上手く活用して「いまのうち」に手元資金を厚くしておきましょう。

そうすれば、資金繰りの悩みに振り回されることもなく、経営に専念することができるようになります。

理由②:ビジネスチャンスを逃さないため

ビジネスチャンスを着実に掴みとるためには、お金が必要です。

もし、あなたの会社にビジネスチャンスがやってきたときに、手元資金に余裕がないことを理由にチャンスを逃してしまったら…後悔してもしきれないでしょう。

そうならないためにも、「いまのうち」から銀行融資を受けて手元資金を厚くしておきましょう。

そのときになって銀行に駆け込んでも、融資を受けられるかどうかはわかりません。融資を受けられるにしても、すぐには対応してもらえない可能性が高いです。

なぜなら、銀行にあなたの会社との取引実績がないから。

銀行は、初めての融資はどうしても慎重になります。また、最初の融資は、少額から始めて様子を見ようとします。そうなると、あなたの会社の融資希望額に届かないかもしれません。

やはり、いまはお金に困っていなくても、日ごろから銀行と良好な関係を築きながら、いざというときに資金調達ができる環境を整えておくのがベストです。

そして、そのときが来たら…ビジネスチャンスを掴みとってください!

理由③:倒産リスクを減らすため

お金が無くなれば会社は倒産です。

逆にいうと、お金があれば会社は倒産しません。だから、銀行融資で手元資金を厚くしておけば、それだけ倒産リスクを減らすことができます。

先ほども言いましたが、お金に困ってから銀行に行っているようでは遅いです。貸したお金が返ってこないかもしれない相手に、銀行はお金を貸しません。

だから、お金に困っていない「いまのうち」から銀行融資を受けておき、手元資金を厚くしておきましょう。

会社は、借金があるから倒産するのではありません。

お金が無くなるから倒産するのです。

まとめ

初心者にありがちな銀行融資の誤解について書いてきました。

  • 誤解①:「借金 = 悪」という思い込み
  • 誤解②:利息がもったいない
  • 誤解③:お金に困ったときに借りる

いまは問題がないように思えても、もしかすると、これらの誤解が将来的にあなたの会社を倒産危機に陥れるかもしれません。

もし、あなたの会社が銀行融資を受けるかどうかで悩んでいるなら…

ぜひ融資を受けるべきです。

手元資金に余裕があれば、それだけ精神的な余裕が生まれます。

その「余裕」が、あなたの会社を成長させるのですから。

まずは無料相談を利用してみませんか?

1人で悩まないでください
きっと解決するためのヒントが手に入ります

30秒で完了 無料相談のお申し込み

〒542-0081 大阪市中央区南船場3-7-27 NLC心斎橋6階 6-I

Tel.06-6243-3050

受付時間:平日10時~18時(ご予約で時間外対応可能)