創業期から次のステージに進みたい会社  
または

2代目社長再成長したい会社へ

あなたの会社も
10年後も生き残る会社
に変われます

生き残る

明るい未来に向かって走る男性

儲ける仕組みを学びたい経営者必見!

売上を減らしても
利益を出せた!
原価や経費を増やしても
利益を出せた!
数字を味方に付けて
賢く儲ける!

目からウロコ!
どんどん会社がくなっていきます

開かれた未来

3年で経常利益が2倍

資金繰りの改善で手元資金が2倍

2年で借入金2,000万円を完済!

いわゆる「どんぶり勘定」で、このままではいけないとご相談を受けました。

月次報告資料を作成して社長に見ていただいたところ、これまで見えていなかったことが「見える化」されて、会社の問題点がハッキリわかったとびっくりされていました。

今では、会社の数字の管理能力が飛躍的に向上し、「利益・お金を増やすための経営」を実践されています。

E社の場合:
雑貨卸売会社・年商2.6億円

1年で赤字から黒字へ!

資金繰りの改善で手元資金が5倍に!

2年で実質債務超過を解消!

売上の先行き不安、手元資金の減少等、たくさんの不安を抱えていました。

まずは月次報告資料で問題点を明確にし、毎月の経営会議で話し合うところから始めました。 問題点がわかったことで、社長の頭がフル回転し、解決の方向性がだんだんと見えてきました。

着実に問題点を解決していくことで資金ショートの不安から解放され、今では未来に目を向けた経営をされています。

L社の場合:
化粧品製造販売会社・年商5.2億円

なぜ、「10年後も生き残る会社」に
変われるのですか?

決算書や試算表を見ても、
経営に必要な情報は何もわからない

決算書や試算表は、決められたフォーマットで過去の数字を外部の人に報告するために作成するものです。売上高はいくらか?利益はいくらか?くらいのことはわかっても、それだけでは 社長が本当に知りたい経営情報は、何もわかりません。

そう、外部の人に報告するために作成した決算書や試算表を経営に役立てようとすることにそもそも無理があるのです。

じつは

頭を抱えるサラリーマン

決算書や試算表の裏側に隠れている
情報は、オリジナルの月次報告資料で
誰でも簡単にわかる

しかし、会社の数字は情報の宝庫です。こんなに頑張っているのに、どうして利益が出ないのか?利益は出ているのに、どうしてお金が増えないのか?それは、どこに問題があるのか?といった答えは、すべて会社の数字の中にあります。

その会社の数字を読み解き、決算書や試算表を見るだけではわからなかった情報を誰でも簡単にわかるように作り上げたものが、当事務所オリジナルの月次報告資料なのです。

しかし

経営会議

社長が本当に知りたい情報が簡単に
わかれば、あなたの会社は変われる

つまり、オリジナルの月次報告資料によって経営に必要な情報が簡単にわかれば、社長自身が ポイントを押えた「数字の見方」ができるようになります。さらに、毎月の経営会議で会社の問題を浮き彫りにし、「PDCA」によって私どもと一緒に問題を着実に解決していきます。そして、未来の「在るべき形」に近づけていく・・・

これが社長がしなければならない本当の経営であり、この経営会議を毎月実施していくことで、あなたの会社は確実に変わっていくのです。

つまり

喜ぶ女性

10年後も生き残る会社
に変われるのです!

他とは違う!オリジナルの月次報告資料

  • 単なる数字の羅列ではなく、図表やグラフを使っているので会社の状況が一目でわかる
  • 会社の問題点が一目でわかるから、「何をすれば利益・お金が増えるのか?」が見えてくる
  • 未来の業績や資金残高・納税額までわかるので、余裕をもって対応できるようになる

会社が変わる!経営会議

  • 毎月の経営会議で「利益・お金を増やすために何をしていくか?」を一緒に考える
  • 未来の「在るべき形」を実現するために、会社の問題点を最良の方法で解決に導く
  • 「数字を読む能力」が身に付くので、これまでと経営に対する意識が大きく変わる

企業再生の経験を持つ税理士が、
あなたの会社を
10年後も生き残る会社
に変えてみせます

私は、税理士事務所・一般事業会社・企業再生コンサルティング会社勤務を経て独立した少し変わった経歴を持つ税理士です。

特に企業再生の現場では、多くの会社の再建に携わってきました。その経験があったからこそ、いまの私があります。もし、税理士業界から一度も離れることなく、そのまま独立していたら・・・おそらく、記帳代行と申告書作成だけの税理士になっていたことでしょう。

企業再生のノウハウは、何も倒産危機に直面している会社のためだけのものではありません。元気な会社が、これからも倒産することなく健全に成長していくためのノウハウでもあるのです。このノウハウをお伝えできれば、あたなの会社は確実に変わることができます。

あなたの会社の明るい未来を、私と一緒に創っていきましょう。

代表税理士 近藤 利彦

1996年 桃山学院大学 社会学部卒業
2005年 税理士事務所・一般事業会社を経て、中央青山コルサルティング株式会社
(中央青山監査法人の子会社)に入社
2007年 みすず監査法人(中央青山監査法人から改名)の解散により、 新日本パブリック・アフェアーズ株式会社(新日本有限責任監査法人の子会社)に移籍
2012年 近藤税理士事務所開業

クライアントから選ばれる理由TOP3

とにかく簡単でわかりやすい、
だから経営に役立つ

オリジナルの月次報告資料は、とにかく簡単でわかりやすいと評価いただいております。色んな情報をただ詰め込むのではなく、社長が知りたい重要な情報に絞って、誰でも簡単にわかりやすくしているのが大きなポイントです。

また、図表やグラフを使っているので、数字が苦手な方でも一目で会社の状況がわかります。つまり、簡単でわかりやすいから、経営に役立てることができるのです。

理由.01

報告書

ノウハウが身に付く、
だから費用対効果が高い

経営会議を通じて、経営に役立つノウハウがどんどん身に付いていきます。単なる作業代行では、お金を払って作業してもらって終わりですが、それではあまりにも勿体ない・・・「料金以上の価値あるサービス」、そこに一番こだわっています。

だから、経営会議によってノウハウが蓄積されていき、会社の成長を実感できるのです。出し惜しみは一切しません。全て盗んでください。

理由.02

経営会議

しっかり考えてくれる、
だから良い提案が受けられる

「社長目線で、しっかり考える」、この考える仕事にできうる限りの時間を割きます。単なる作業代行で、良い提案なんてできるわけがありません。時間を惜しまずしっかり考えるからこそ、もっと良い会社になるための提案ができるのです。

経営会議では、どんどん提案していきます。そして、たくさん議論を重ねていきます。「ここまで考えてくれるんだ!」、こう言ってもらえるときが一番嬉しい瞬間です。

理由.03

計算

「経営に役立つ本物のサービスを
求める会社」
に選ばれています

よくあるご質問

興味があるので、とりあえず話を聞いてみたいのですが・・・

ご相談は無料ですので、お気軽にお越しください。税理士事務所は敷居が高いと感じられる方もいらっしゃいますが、そんな遠慮は無用です。また、無理な勧誘は一切しておりませんので、まずはお茶でも飲みながらお悩みを聴かせてください。

数字が苦手なのですが、大丈夫でしょうか・・・?

数字が苦手でも、全く問題ありません。というより、数字が苦手だからこそ、簡単でわかりやすくするのが、私どもの役割だと考えています。また、経営会議で「数字の見方」が自然とわかってきますので、数字が苦手でもご安心ください。

経営会議の時は、会社に来てもらえるのでしょうか・・・?

はい。基本的に会社に訪問させていただいて経営会議をさせていただいております。一方で、「会社に打合せするスペースが無い」、または「料金を安く抑えたい」といった場合には、訪問することに代えてご来所いただくことで、料金の値引きをさせていただいております。

顧問税理士を変える場合に、
良いタイミングってありますか・・・?

一般的には、新年度から税理士を変えるのが良いとされていますが、「税理士を変えたい!」と思ったときが税理士変更のタイミングです。早めにご相談いただければ、時間に余裕をもって、段取りよく税理士を変更することができます。

会社は本当に変われるのでしょうか・・・?

必ず変われます。ただし、「変わりたい」と思っているだけでは何も変わりません。経営会議を通じて絶対に「変わるんだ!」という意思と行動が伴えば、必ず変わることができます。これまでに色んな会社の経営会議をしてきましたが、みなさんにご満足いただいております。

まずは「税理士変更トライアル」から
始めてみませんか?

このような不安の声をお聴きします

  • いきなり顧問税理士を変えるのは不安・・・
  • 相性が合わなかったらどうしよう・・・
  • 想像してるサービスと違うかもしれない・・・
  • 本当に良い仕事をしてくれるのだろうか・・・
  • 失敗、後悔はしたくない・・・

悩む男性

税理士変更トライアル」がオススメ

顧問税理士はそのままで、3ヵ月間お試し料金で、私どものサービスを受けてもらって、
仕事ぶり・人間性・相性等をじっくりとご判断ください。

税理士変更は、それからでも遅くありません!

本気」で考えているなら、
いますぐ行動を!

「現状を変えたい」と真剣に考えている方へ、私どもからお願いがあります。
本気で「10年後も生き残る会社」に変わりたいと思うなら、いますぐ行動してください!

「このままではダメだ」と感じているのに、何も行動を起こさないというのは、
「変われるチャンス」を放棄しているのと同じです。それだけでなく、現在進行形で、
会社は着実に弱っていってます。時間は戻りません。

「本気」で考えているなら、
「いま」がその時です!

まずは無料相談から
行動してみませんか?

具体的に、「どんな行動を起こせば良いのかわからない・・・」という方も多くいらっしゃいます。
そんなときこそ、まずは無料相談を受けてみてはいかがでしょうか?

誰しも、大きな行動を起こすには勇気と決断がいります。
それなら、無料相談という小さな行動から 始めて、私どもに「困り事」をぶつけてみてください。
きっと解決するためのヒントが手に入ります。

そのための無料相談です。
大いに活用してみてください。

まずは無料相談から

1人で悩まないでください
きっと解決するためのヒントが手に入ります

30秒で完了 無料相談のお申し込み

〒542-0081 大阪市中央区南船場3-7-27 NLC心斎橋6階 6-I

Tel.06-6243-3050

受付時間:平日10時~18時(ご予約で時間外対応可能)

「10年後も生き残る会社」になる!
いまが「その時」です

社長が絶対にしなければならないこと・・・
それは「会社を倒産させないこと」

10年後も生き残る会社になるためには、社長自身が「数字を読む能力」を身に付けて、明るい未来を自ら切り開いていかなければなりません。

そのために、会社の数字が誰でも簡単にわかるようにしたツールがオリジナルの月次報告資料であり、それを検証して実践していく場が経営会議なのです。

つまり、この2つを経営に組み込むことで、10年後も生き残る会社に変わることができます。

変わりたい!」と思うなら、
いま行動するしかない

企業再生の現場で倒産危機に陥る会社は、変化を拒み、なかなか行動しません。

逆に、会社の未来にワクワクしているこの瞬間に、「変わるんだ!」という意思と行動が伴えば、10年後も生き残る会社に必ず変わることができます。

お試し料金での「税理士変更トライアル」サービスもありますので、不安に感じる方は、まずはそこから始めてみてはいかがでしょうか。

もし、いま行動しなかったら・・・
明るい未来を、自らの手で
作り出すことはできない

明るい未来を作り出すのは、社長しかいません。そして、そのための判断基準が会社の数字です。いま行動しなければ、これまで通り、漠然とした未来に不安を抱きながら過ごすことになるでしょう。

私は、企業再生の現場で、数字をおろそかにした会社の末路をたくさん見てきました。だからこそ、いますぐに「10年後も生き残る会社」を目指してほしい・・・そう切に願います。

もし、少しでも私どもに興味を持っていただけたなら、まずはお茶でも飲みながらお話を聴かせてもえませんか?悩んでいること・不満に思ってること等をお話しいただくなかで、案外解決策が見つかったりするものです。無理な勧誘等は一切しておりませんので、どうぞご安心ください。

あなたからのご連絡を心より
お待ちしております

まずは無料相談を利用してみませんか?

1人で悩まないでください
きっと解決するためのヒントが手に入ります

30秒で完了 無料相談のお申し込み

〒542-0081 大阪市中央区南船場3-7-27 NLC心斎橋6階 6-I

Tel.06-6243-3050

受付時間:平日10時~18時(ご予約で時間外対応可能)