融資・資金繰り

融資を受けるタイミングの鉄則【先人達の失敗から学べること】

お金に困ってからでは遅い⁉︎融資を受けるタイミングの鉄則【先人達の失敗から学ぶこと】のアイキャッチ画像

2019.07.16

2019.07.18

融資を受けるべきかどうか悩んでいる会社
「いますぐにお金が必要というわけではないけど、前もって融資を受けておいたほうが良いのかなぁ?来期は業績も下がりそうだし…。融資を受けるべきタイミングがあるなら教えてください。」

このようなお悩みに答えます。

本記事のゴール
3分程で読み終わります。読み終えた後には、「融資を受けるべきタイミング」がわかり、資金繰りに困らない経営の第一歩を踏み出せます。

お金に困る前に借りる!が鉄則

銀行の看板が並ぶ画像

結論から言います。

「お金に困る前に借りる!」

これが、銀行から融資を受けるときの鉄則です。

「お金に困ってなかったら、銀行からお金を借りる必要ないじゃない?」

という声が聞こえてきそうですが、1年くらい売上が無くても大丈夫なくらい「あり余るお金」を持っているなら、それで良いのかもしれません。

でも、そうでないなら…「お金に困る前に借りる!」

やっぱり、これが鉄則なのです。

理由は、下記のとおりです。

  • 理由①:お金に困ってからでは遅い
  • 理由②:手元資金が多ければ借りやすい

理由①:お金に困ってからでは遅い

「銀行は、晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる…」

銀行のことを揶揄する言葉ですが、銀行の立場を理解すると当たり前のことです。

あなたは、資金繰りに走り回っている得意先にモノを売りますか?

正解としては、売ってはダメです。

売っても代金を回収できる確証があるなら判断も変わってくるかもしれませんが、おそらく回収できません。「倒産したら気の毒…」という情もあるでしょうが、そこに巻き込まれて従業員やその家族を路頭に迷わせるわけにはいきません。

銀行も同じです。

銀行は、ボランティアではありません。株式会社ですから株主がいます。さらに、金融庁も不正な融資をしていないか目を光らせています。お金に困っている会社への融資が慎重になるのも当然ですよね…。

だから、お金に困ってから融資を申し込んでいるようでは遅すぎるのです。

だったら、どうすれば良いか?

「お金に困る前に借りる!」というのがその答えです。

理由②:手元資金が多ければ借りやすい

手元資金が多い会社には、銀行は融資がしやすい。これ本当です。

なぜなら、お金を持っているから返済できるであろうと考えるから。

逆に、手元資金が少ない会社には、銀行は融資に慎重になります。理由は、先ほど書いたとおりです。

このことからも、「お金は困る前に借りる!」ということがよくわかるかと思います。

とにかく、手元資金はたくさん持つようにしましょう。手元資金が少ないなら、銀行から借りてでも手元資金を厚くしてください。

手元資金に余裕があれば、それだけビジネスにも余裕が生まれます。お金が無いことを理由にビジネスチャンスを逃すこともありません。

そして、融資が通る可能性も格段に上がります。まさに「好循環」が生まれます。

会社には、良いときもあれば悪いときも必ずあります。だから、業績の良いときに借りれるだけ借りておき、業績が悪いときのために前もって備えておくのです。

つまり、「お金に困る前に借りる!」です。

そして、借りたお金は、浪費や節税目的で使わないでください。お金を借りれば当然に借金は増えますが、同時にお金も増えています。返そうと思えば返済できると思えば、気持ちも楽になるでしょう。

金利は、その安心を買うための単なる保険料です。

先人達の失敗から学べること

考え込む男性の画像

毎年、たくさんの会社が創業される一方で、たくさんの会社が倒産しています。

倒産する理由はさまざまですが、突き詰めていくと「資金調達の甘さ」が原因といっても過言ではありません。

業績の良いときにしっかり融資を受けて、赤字を出しても持ち堪えるだけのお金を持っていれば倒産を回避できたのかもしれません。でも、そうしなかった…。

逆に、利益が出ているのに倒産してしまった会社もあります。そう「黒字倒産」です。

彼らは、儲かっていたのです。それなのに、なぜ倒産してしまったのか…?

それは、お金を借りるべきタイミングでしっかりと先を見越した融資を受けず、会社の成長にお金が追い付かなかったからです。

これらのことから、「手元資金を多く持っておく、少なければ借りてでも手元資金を厚くする」ということがどれだけ重要かがわかると思いますが、それを実践している会社が少ないというのが実態です。

お金に困ってから銀行に行くようでは遅すぎるのです。

あなたの会社がこんな経験をする必要はありません。

先人達の失敗を参考にして、そうならないように取り組んでいけば回避することができるのですから。

まとめ

融資を受けるタイミングの鉄則について書いてきました。

「お金に困る前に借りる!」

この理由をしっかり理解して実践している会社は少ないです。

融資を受ける絶好のタイミングを逃して、お金に困ってから銀行に駆け込んで資金繰りに苦労している会社もたくさんあります。

その精神的負担と時間…ほんとうに無駄だと思います。

先人達と同じ失敗をしないように、融資を受けるタイミングを見逃さないようにしましょう。

まずは無料相談を利用してみませんか?

1人で悩まないでください
きっと解決するためのヒントが手に入ります

30秒で完了 無料相談のお申し込み

〒542-0081 大阪市中央区南船場3-7-27 NLC心斎橋6階 6-I

Tel.06-6243-3050

受付時間:平日10時~18時(ご予約で時間外対応可能)